ロレックスのベルト調整に使うマイナスドライバーにはご注意を

ロレックスのベルト調整


ホーム サイトマップ
● トップページ ● 店舗位置情報 ● 金買取ページ ● お問合せ

ロレックスのベルト調整時使うマイナスネジには注意を

マイナスネジ

ロレックスのベルト調整時に駒を抜いたり継ぎ足したりしますが、その調整時にはマイナスネジを抜き差しします。

 

ロレックスを買取したときに良く見かけるのですが、駒を抜くときに回すマイナスネジの溝が変形していることが良くあります、結構名の知れたお店で買われているお客さんの物でも変形を目にすると???ですが・・・

 

この現象はマイナスネジの溝とマイナスドライバーの先の形があっていない、もしくはドライバーの先が変形したものを使用されたときにネジが変形してしまっています。
通常はドライバー先が変形もしくは摩耗した時はドライバー先を磨き直さなければいけません。

 

ロレックスのブレス調整時の事故でヤフー知恵袋で相談されている方もいるほどです、正規代理店でもこのようなレベルです

 


幅の違うドライバーを使うと

ロレックスのマイナスネジ

図にあるようにまずマイナスネジの幅より短いドライバーを使うとネジへの力が伝わらずネジ頭だけを壊してしまうことがあります。
まずはネジ幅とドライバー先の幅がほぼあったものを使いましょう。ネジの幅は5連ブレスで約1.3mmですので1.1mm〜1.2mmドライバーが理想です。
1.5mm幅のドライバーならば約0.2mm分を砥石やヤスリで削ってみましょう。


ドライバー先の角度にも注意を

ドライバーの先

さらにドライバー先の角度も大事です、角度のキツイドライバー先の場合溝との接点が入口だけになってしまうので、いくら怪力な人が回してもネジ先だけが変形してネジ溝を壊してしまい、もう駒を取り外すことができなくなります。

 

理想的なドライバーの先はネジ溝と同じ形をしたものです。
形の違うドライバーでも砥石やヤスリで削りだし溝と形をできるだけ合わせていきます。
何度も使用していると多少変形や削れが出てきますのでその場合も磨き直します。

 

回せなくなったからといちいちドライバーを購入しなくても、磨き直した方が長く、安く使用できます。


専用ドライバーをアマゾンで探すなら

ロレックス ROLEX ブレスレット専用 ドライバーセット 時計用工具

新品価格
¥4,200から
(2016/10/25 17:35時点)

ロレックスのベルト調整に使うマイナスドライバーにはご注意を関連ページ

クオーツ時計故障診断
クォーツ腕時計の買取でよくあるトラブルが電池を交換しても動かないということがあります。さて何が原因で動かないのか?それを調べる機材を紹介します。一発で原因がわかります。
宝石鑑定道具
ダイヤモンドなどの宝石の買取に必要な道具を紹介。少しした違いで買取価格が大幅に違ったりすることもあります。便利なツールを紹介します
貴金属真贋判別材料
金やプラチナなど高額な貴金属を買取するときに、必ずと言っていいほど使うのが試金石。この石たった一個でほぼ確実な真贋判断ができるようになります。
シーマスタークラスプ修理
オメガシーマスターの買取時に一番と言っていいほど故障している確率が高い部分はバックルを止めるバネがきかなくなっていることです、簡単に治りますのでご紹介します。