オメガシーマスターのバックル止めの故障修理!買取時も安心

オメガのベルト留めの修理方法


ホーム サイトマップ
● トップページ ● 店舗位置情報 ● 金買取ページ ● お問合せ

シーマスターのベルトが止まらない!!

オメガの時計

オメガのシーマスターを買取るときによくある故障があります。
それはブレスのバックルがしっかり止まらないというものです。
この故障は意外と簡単に治りますので紹介します。
※このバックル部分をクラスプと言いますので下記からクラスプと表現します。


故障の原因

バックルを止めるバネ

写真のようにクラスプ部分を分解すると、クラスプ部分を留めたり、外す際に押すボタンのテンションに使われる針金状のバネの一部が折れています(写真左上部分)。
このバネを交換するだけで治りますので、ブレスのコマ調整ができるスキルのある方なら簡単に交換できます。

 


交換の仕方

バネの分解交換

まずはスクラブ横にあるおプッシュピンすぐ横にあるピンを抜きます。
これは調整用ブレスコマと同じ、中空のパイプにはまっているピンですので、ブレス用のピン抜きで簡単に押し出せます。
ピンを抜いたらパイプが外れますので、ピンとパイプの2本を転がっていかないところに保管します。

 


スクラブバネ交換

 

ピンを外したら、中央付近に穴が開いたプレートが車のボンネットのように開いて外せますのでこれを取り除きます。
すると交換したいバネが現れますので交換します。
スクラブを外すときに押すピンに刺さっていますのではめにくいですが、ピンセットなどを使ってうまいこと入れてください。
後は逆の順番ではめていくだけです。
全部外した時に汚れが有れば中性洗剤と歯ブラシでスクラブ全体を洗浄するのも良いでしょう!


 

※こういった故障したオメガの時計でも自信を持って高価買取出来るようになりますので覚えていて損はありますん。

オメガシーマスターのバックル止めの故障修理!関連ページ

クオーツ時計故障診断
クォーツ腕時計の買取でよくあるトラブルが電池を交換しても動かないということがあります。さて何が原因で動かないのか?それを調べる機材を紹介します。一発で原因がわかります。
ロレックスベルト調整時に注意を
ロレックスの買取時に良く見かけるベルト長さ調整時に回すマイナスネジシャフトのマイナス溝が変形しているものをみかけます。そのようにならないための対策をお知らせします。
宝石鑑定道具
ダイヤモンドなどの宝石の買取に必要な道具を紹介。少しした違いで買取価格が大幅に違ったりすることもあります。便利なツールを紹介します
貴金属真贋判別材料
金やプラチナなど高額な貴金属を買取するときに、必ずと言っていいほど使うのが試金石。この石たった一個でほぼ確実な真贋判断ができるようになります。